小冊子

業績向上と人材育成のための人事制度構築と運用のポイント

概要

この小冊子は、弊社がお客様にコンサルティングとして提供している人事評価制度構築の考え方と方法の概要を解説したものです。御社の人事評価制度構築、運用の参考になれば幸いです。 また、無料レポートを随時配信しております。そちらの内容もあわせてご確認ください。

発行年月日:2020年4月1日初版、2021年8月改定
ページ数:55ページ (表紙含む)
形式:PDF形式
価格:1,100円(税込)※【期間限定】無料配布中
※10,000円相当の読者特典あり

目次

  1. はじめに
    なぜ今、人事評価制度が必要なのでしょうか。同一労働同一賃金が議論されはじめた数年前から、国が出す文章に人事評価制度という言葉が出るようになってきました。加えて、働く人の中にも会社に人事評価制度があるかどうかを重要視する傾向が強くなっています。
    そんな人事評価制度の役割とは一体何なのでしょう。
  2. なぜ人事評価制度が必要なのか
    人事評価制度の目的とは何でしょうか。様々な目的がある中で、特に重要な4つの目的についてお伝えします。
  3. なぜ人事評価制度はうまくいかないのか
    人事評価制度を作ってもうまく行かないという事例をよく目にします。その理由は様々ですが、その中から多くの会社で共通している5つの理由をお伝えします。
  4. 傍楽式人事制度(はたらく人事)の特徴
    人事評価制度の4つの目的。その一つひとつの関係と優先順位にも、人事評価制度がうまくいく重要なポイントがあります。多くの人が誤解している4つの目的の関係についてお伝えします。
  5. 人事評価制度で業績向上と人材育成が実現できる理由
    人事評価制度で業績向上や人材育成が実現できるのかという疑問を多くの人が抱くのではないでしょうか。ここでは、人事評価制度が業績向上や人材育成につながる理由を応用行動分析学に基づいて説明しています。
  6. 傍楽式人事制度7つの仕組み
    人事評価制度を細かなパーツでみていくと、傍楽式人事制度の場合は7つに分けることができます。その7つをお伝えします。
  7. 人事評価制度構築の流れ
    人事評価制度を作る大きな流れをお伝えします。
  8. 現状の把握
    人事評価制度構築の最初のステップである現状把握についてお伝えします。例えば、賃金分析を行うことで様々な課題を読み取ることができます。
  9. 目的と基本方針の明確化
    人事評価制度構築の要となる、目的と基本方針の明確化についてお伝えします。何のために人事評価制度を作るのかが明確になっていないと、その会社のあった制度が作れないだけでなく、その後の運用も軌道に乗りません。
  10. 全体像の構築
    人事評価制度の全体的なルールである、運用サイクル、キャリアアップコース図、等級基準についてお伝えします。
  11. 賃金制度の構築
    人事評価制度における柱の一つ、賃金制度の構築についてお伝えします。賃金の基本要素や給与水準の決め方など、給与を決定する上で欠かせない内容です。
  12. 評価制度の構築
    人事評価制度におけるもう一つの柱、評価制度の構築についてお伝えします。評価項目の作り方のポイント、評価項目の分類、配分、適切な項目数などを説明しています。
  13. マニュアル作成
    人事評価制度を構築後、運用するにあたって必要なマニュアルについてお伝えします。
  14. 説明会
    完成した人事評価制度を運用するにあたり、従業員への説明は欠かせません。また、必要に応じて、幹部と一般社員を分けて実施することも検討が必要です。
  15. 各種規程等の整備
    作成した人事評価制度を社内規程に盛り込みます。加えて、必要な書式などを整備しましょう。
  16. 給与辞令交付
    新しい人事評価制度に基づいた給与の支給を始めるにあたって、辞令を交付します。この際、労働法に則った手続が必要となります。
  17. 仮運用
    新しい人事評価制度を実際に運用することで、問題点などを洗い出しましょう。
  18. 評価者研修と評価者ミーティング
    人事評価制度が軌道に乗るためには、運用する評価者のスキルアップが必須となります。
  19. 本運用
    仮運用で浮かび上がった問題点をもとに必要な修正をおこない、本運用にはいります。
  20. 運用のポイント
    本運用が軌道に乗るために特に重要なポイントを4つお伝えします。多くの会社がやってしまう運用期間中のミス、目標設定のポイント、面談のポイントなどを説明しています。
  21. 最後に
  22. 【付録】人事評価制度危険度チェック50

読者特典

無料個別相談(1時間程度)

通常10,000円(税別)の個別相談を無料でご利用いただけます。

・ここに書いてあることの詳細を教えてほしい
・この部分を自社にあてはめるとどうなるのか
・一通りやってみたけどうまくいかない

など、相談内容は何でも承ります。 ぜひご利用ください。

【期間限定】無料配布中!