1. HOME
  2. ブログ
  3. ドラッカー
  4. チームの規模とタイプ

BLOG

ブログ

ドラッカー

チームの規模とタイプ

チームとは何であり、それをいつ、いかに使うべきかを理解しておくことが必須である。

P.F.ドラッカー『現代の経営<上>』

ドラッカー教授は、チームの規模に関して可能な限り小さなものにすべきと指摘し、またチームにはいくつかの種類があると言います。

まず規模に関してはどうでしょうか。可能な限り小さなものとは具体的に何人くらいでしょうか。

一般的には3~4名、多くても5~6名と言われます。これ以上多くなると、チーム内の調整にエネルギーが費やされ、またメンバーの責任感も薄くなってきます。

では次に、チームの種類とはどのようなものでしょうか。

ドラッカー教授は、チームには野球型、サッカー型、テニスのダブルス型の三つのタイプがあると言いました。

それぞれの特徴は割愛しますが、実際のそれぞれの競技からイメージはできるかと思います。

大切なのは、今からやろうとしていることはどのタイプのチームが適性なのかを考えなければならないのです。

チームの規模とタイプ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事