1. HOME
  2. ブログ
  3. ドラッカー
  4. 働くこととは

BLOG

ブログ

ドラッカー

働くこととは

働くことすなわち労働は人の活動である。人の本性でもある。論理ではない。力学である。そこには五つの次元がある。

P.F.ドラッカー『マネジメント[エッセンシャル版]』

ドラッカー教授は仕事と働くことを明確に分けていました。

このことから組織のマネジメントを仕事のマネジメントと人のマネジメントに分けて論じています。

働くことは人にかかわることです。主観的であり情緒的です。

では、教授の言う五つの次元とは何でしょうか。

それは、次の5つです。

  1. 生理的側面
  2. 心理的側面
  3. 社会的側面
  4. 経済的側面
  5. 政治的側面

働くことが人に関わるが故、マネージャーはこの五つの側面を意識する必要があります。

5つの次元

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事