1. HOME
  2. ブログ
  3. 採用
  4. 面接で聞く、「こんなときどうする?」

BLOG

ブログ

採用

面接で聞く、「こんなときどうする?」

面接で応募者のことを100%見抜くなんて無理だと私は思います。

でも、その中でできるだけ応募者について知りたいというのが

面接する側の本音でもあります。

 

そもそも、何を知りたいのかというのを明確に決めておかないと、

面接という限られた時間できっちりと確認していくのは難しくなります。

 

さて、何を知りたいのかが決まったら、

「こんなときどうする?」型の質問をしてみてはいかがでしょうか?

 

例えば、繁忙期や時間帯によってはお客様を待たせることが

よくある会社の場合は、

「お待ちのお客様は、明らかにイライラしています。そのようなとき、あなたはどのような行動をとりますか?」と状況を説明してその状況の中でどのように対応をするのかを見る質問です。

ある程度仕事のイメージがわいてないとこの質問に答えるのも難しいでしょうし、

これまでの経験が自社の業務に活かせるのかも確認出来る場合もあります。

面接でひとつ、「こんなときどうする?」質問、

入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事