1. HOME
  2. ブログ
  3. ドラッカー
  4. 「必要な」利益

BLOG

ブログ

ドラッカー

「必要な」利益

諸々の目標を実現するうえで必要な利益をあげている企業は、存続の手段をもっている企業である。諸々の目標を実現するうえで必要な利益にかける企業は、限界的な危うい企業である。

P.F.ドラッカー『マネジメント<上>』

「限界的な危うい企業」とは、リスクや不確実性に対応できない、存続自体が危ぶまれる企業のことを意味します。たとえば、負債超過で赤字傾向の企業が典型的です。

そうならないために、存続の手段としての「必要な」利益をあげる必要があります。

ここで、資産超過・黒字傾向の企業が必要な利益をあげている企業かというとそうとも限りません。

なぜなら、会計上の利益には未来のコストをすべて織り込んでいないからです。未来のコストを差し引くと赤字になる企業が存在します。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事