1. HOME
  2. ブログ
  3. ドラッカー
  4. 利益の三つの役割

BLOG

ブログ

ドラッカー

利益の三つの役割

利益には三つの役割がある。

第一に、利益は事業活動の有効性と健全性を測定する。(中略)

第二に、利益は陳腐化、更新、リスク、不確実性をカバーする。(中略)

第三に、利益は(中略)事業のイノベーションと拡大に必要な資金の調達を確実にする。

P.F.ドラッカー『現代の経営<上>』

会計における利益は、売上ー経費という計算式で算出されます。

ここで言う役割とは、マネジメントにおける利益の役割です。

第一の役割は測定という役割であり、会計上の利益はこの役割の一部と言えます。

第二は、将来の費用という側面を表しています。事業活動において起こりうることに対する備えとしての役割です。

第三は、財務的な視点からのものであり、将来の資金としての役割です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事