1. HOME
  2. ブログ
  3. コミュニケーション
  4. 情報の到達=「伝わった」ではない

BLOG

ブログ

コミュニケーション

情報の到達=「伝わった」ではない

ある日、部下に任せておいた仕事からクレームが発生。
よくよく聞いてみると、
上司「えっ、なんでそんなことしたの!!」
部下「これでいいかと思ってました。。。」
上司「前にも説明したよね!!!」

上司は、事前に十分説明をしたつもりでしたが、
部下は、十分理解をしていなかった。

日常、良くある光景です。

私たち(伝え手)は、ついつい“受け手”に情報が届いた時点で
「伝わった」と考えがちです。
でも、本当に「伝わった」かどうかは、“受け手”が決めること。

単に情報の到達=「伝わった」ではないことを
日頃から認識しておく必要があるのではないでしょうか。

「分かった?」「自分の言葉で説明してみて?」など
特に重要なことは、念には念を押して、
「伝わった」かどうか、確認しておきたいものです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事