1. HOME
  2. ブログ
  3. コミュニケーション
  4. 正しい問いを発する

BLOG

ブログ

コミュニケーション

正しい問いを発する

聞け、話すな。

P.F.ドラッカー『経営者の条件』

 

原文では、Listen first, speak last.

決して話すなと書いてあるわけではないのですが、話すよりも聞くことの重要性を強調しています。

組織内のコミュニケーションにおいても「問いを使いこなす」事が大切となります。

例えば、部下の育成においても安易に答えを与えるのではなく、問いを与え考えさせます。

そうすることによって自ら考える習慣を促し、成長のスピードが上がるだけでなく、思わぬ良い考えが出たりすることもあります。

また、どのような問いを発するかと言うことも大切です。

例えば、トラブルが発生した際、「なぜこのトラブルが起ったのか」という問いかけをするよりも、「どのようにすればこのトラブルを回避できるか」という問いを発生した方が良質な答えが得られるでしょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事