1. HOME
  2. ブログ
  3. コミュニケーション
  4. なぜ、何度言っても分からないの?

BLOG

ブログ

コミュニケーション

なぜ、何度言っても分からないの?

私たちの周りには、いろんな人がいます。

「細かい仕事を丁寧に仕上げるのが得意な人」
「決断力があり、意思決定のスピードが速い人」
「事前に、綿密な計画を立てるのが得意な人」
「周りの人の気持ちを大切にする人」
「自分の、主義主張を貫き通せる人」
「他人の意見を聞くのが得意な人」 など。

いろんなタイプの人がいます。それぞれタイプが違うんです。
得意なことも違えば、苦手なことも違います。
言われて嬉しいことも違えば、気に障る言葉も違います。

当然、仕事のやり方も人それぞれ違います。

だから「違い」があることを認識しておかないと、コミュニケーションにギャップが生まれます。

なぜ、何度言っても分からないの?
私の言ってること、意味わかる?
って、なってしまいます。

コミュニケーションのギャップを感じたら、単に相手を責めるのではなく、
どんな「違い」があるのか、少し考えてみましょう。
そして、相手のタイプを想定して、自分の対応方法をほんの少し変えてみましょう。

im_05

結論を自分で出したいタイプであれば、相手に委ねてみる。
データ重視の上司には、感情論でなく、根拠となるデータを集めて提案する。
場を大切にする方には、雑談から入って和ます工夫をする。

ひとりひとりが、ほんの少しずつででも相手に近寄ることができたら、
今以上に、よりよい人間関係が築けます!!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事